冷暖房器に頼る前にお家の「省エネ性能」を見直して、わずかなエネルギーで快適空間に!

ホーム / ブログ / 冷暖房器に頼る前にお家の「省エネ性能」を見直して、わずかなエネルギーで快適空間に!

大手メーカーでよく使用されている断熱材「グラスウール」は湿気に弱く、水分を含むと縮んでしまうため、隙間が開き、断熱材としての効果を果たせなくなるケースがほとんどです。するとその隙間に風が走るようになり床は冷え、部屋の中には冷暖房機があるため、内部結露を起こし、結果的に構造躯体を腐らせてしまいます。

弊社では、南極の昭和基地でも使用され、約40年間全く劣化が見られなかったという実績を持ち、吸水性が低く、湿気の影響を受けない高性能な断熱材「ビーズ法ポリスチレンフォーム(30倍発砲)」を床や壁に隙間なく使用します!

75ミリ厚ビーズ法ポリスチレンフォーム(30倍発砲)

この最も断熱性能が発揮される30倍の発泡倍率、75㎜厚を使用することで、真冬でも暖房機1台で快適に過ごすことができます。

さらに、75㎜厚のポリエチレンフォームは100㎏乗せても耐えられるほど丈夫で硬いので、構造的にもとても安心です♪

また、一般の発泡スチロールとは違い、燃焼時に有害ガスを発生させません。(燃焼ガスのCO2も、紙を燃やす時の半分という分析結果が出ています。)

また、自消性があり安全で、リサイクルもできるので“環境にも優しい”断熱材です。(グリーン購入法適合商品)

寒い冬がくる前に、お家の省エネ性能について一度見直してみませんか?

遮熱・通気工法

ホーム / ブログ / 遮熱・通気工法

雅工務店の遮熱・通気工法

(N様邸)

〈高遮熱〉

屋根裏や壁にアルミ遮熱シートを設置することで、太陽からの放熱が建物の中に入る前に反射し、室内の温度を低く保つことができます。日中で平均5℃以上の熱を遮ることができるので真夏でもクーラーが要りません👍✨

〈優れた通気工法〉

壁の内部に通気層を確保し、通気性を高めることで結露を防ぎ、湿気による躯体の劣化を抑えます。ポイントは「入り口」と「出口」。基礎上からのぼった空気は、壁・屋根を経由し棟から排気されるので、空気が淀む心配がありません😊

「通気」は家を長持ちさせるための重要なポイントです⭐

土台引きスタート!

ホーム / ブログ / 土台引きスタート!

N様邸土台引きいよいよスタートです!

土台には「樹齢1000年クラスの北米産ヒバの無垢材」を使用しています。家の全荷重を支える土台には「目詰まり(年輪の細かさ)」と「殺菌作用」がとても重要。1000年の樹齢が強度を引き出し、床下の湿気が多くなったときには、ヒバ特有の成分「ヒノキチオール」が害虫・シロアリ・腐朽菌から家を守ります。住宅の土台としては、これ以上の材はないほど、最も適した材料と言えます。

床断熱材には、吸水性が低く、湿気の影響を受けない「ビーズ法ポリスチレンフォーム(75mm・30倍発砲)」を隙間なく充填。30倍発泡なら、断熱性能・強度ともに高いため、安心・安全!真冬でも快適に過ごせます。

自然素材をふんだんに使った木造建築の価値

ホーム / ブログ / 自然素材をふんだんに使った木造建築の価値

日本人にとって木造建築は、昔から大変身近なものでした。住まいはもちろん、神社、仏閣、お城など、建物はほとんど全て木材を中心とした自然素材で建造されています。

このような伝統的な木造建築には、それぞれの時代の技術・芸術等の文化が込められています。現存する世界最古の木造建築である法隆寺は、建立されてすでに約1400年。今でもその風格を残し、歴史を刻みながら、伝統と文化を伝え続けています。

木造建築は、高温多湿の日本の気候風土に適しており、耐久性にも非常に優れていることは間違いありません。木造の住まいも、本来ならば200年、300年と持つのがあたりまえのはず。地球の環境を守るためにも、「使い捨て文化」ではなく、「育てる文化」を必要とする現代に、「木造建築」は欠かせないものなのです。

また、木造建築を構成している自然素材は、人の心と身体に働きかけ、安らぎや癒しを与えてくれます。自然素材がバランスよく配された美しいデザイン、周辺の自然を借景として取り込み、四季を満喫するという粋な仕掛け等も、目と心を楽しませてくれるものです。

ストレスを多く抱えた現代人の心のよりどころとなる、木造建築の素晴らしい文化、生活の知恵をしっかりと現代に受け継いでいきたいですね。

「木のひらや」バーチャル見学ができるようになりました✨

ホーム / ブログ / 「木のひらや」バーチャル見学ができるようになりました✨
スマートフォンやタブレットで、上記QRコードをスキャンするだけで、いつでもどこでも「木のひらや」のバーチャル見学ができます♪

さらに!今なら「ご成約プレゼントキャンペーン」実施中です!!!

大人気の「木のひらや」が今だけで限定2棟まで「最高水準の性能」をフル装備で、なんと特別価格2,050万円(税別)!また期間中に「木のひらや」のご成約をいただいた方には、さらにオリジナル家具150万円相当をプレゼントいたします!!!お得に家を建てるなら、今がチャンス!!!

詳しくはキャンペーンチラシをチェック!!!

家の全てを支える土台には「最上級のヒバ材」を!🌲🌲🌲

ホーム / ブログ / 家の全てを支える土台には「最上級のヒバ材」を!🌲🌲🌲

昔から家の土台には「クリ・ヒバ・ヒノキ」と言われるように、家の全荷重を支える土台には「目詰まり(年輪の細かさ)」と「殺菌作用」が重要になります。

雅工務店では、土台に”樹齢1000年クラスの北米産ヒバの無垢材”を使用しています。寒い地域で育ったヒバは年輪が詰んでおり(1cmに30以上の年輪)硬いので、強度を要求される土台には最も適しているといえます。

また、ヒバ材には自然の防腐・殺虫剤ともいわれる”ヒノキチオール”という成分が多量に含まれており、抗菌効果が高く、腐りにくい樹種です。

1000年の樹齢が強度を引き出し、床下の湿気が多くなったときには、ヒバ特有の成分「ヒノキチオール」が害虫・シロアリ・腐朽菌から家を守ってくれます。

家の全てを支える土台には「最上級のヒバ材」をオススメします!!!

また、「自然の防腐・殺虫剤」であるヒバから抽出して作られた、「ヒバ油」を使えば、簡単に、天然の虫よけスプレーが作れますよ♪

🍀作り方🍀

1.スプレーボトルに無水エタノールと水(精製水がおすすめ!)を1:4の割合で入れる

2.ヒバ油を5~10滴入れてよく混ぜればできあがり♪簡単!

(お好みでヒバ油の量は調節してください)

キャンプシーズンには大活躍すること間違いなし!

天然成分なのでお子様でも安心して使用できるので、とってもおすすめです♪

家づくりコラム⑥「通気」が家を長持ちさせる!

ホーム / ブログ / 家づくりコラム⑥「通気」が家を長持ちさせる!

日本は高温多湿の気候のため、どうしても床下に湿気が溜まりやすくなります。 温度が20~30度、湿度が70%以上の状況になると土台や床に腐朽菌やカビが発生し、放置し続けると住宅の耐久力が著しく低下します。結露やシロアリの被害も心配です。 新築戸建てはとても大きなお買い物。床下の換気はお家の寿命を延ばす重要なポイントなのです!

建築基準法ではコンクリート基礎に3メートル間隔で角型換気孔を設ける事が義務付けられています。しかし実際には床下に風が回らず、湿気が停滞しているのです。

また基礎の鉄筋を切らなければならないため多く設置すると耐震強度が低下してしまいます。

そこで、弊社では、基礎の鉄筋を切らずに済む「丸型換気孔」を採用しています。

「丸型換気孔」は縦と横の鉄筋のすき間を通すので、沢山の換気孔を設置することができ、なんと従来工法の約4倍もの床下換気をとることができます!

鉄筋(主筋)を切らないので、地震に強い基礎を保つこともできます。

また、弊社の通気工法では、壁パネルと防水シートの間、防水シートと外壁の間に、十分空気が走るようになっており、構造躯体を腐らせません。

風通しの良い家は、それだけで心地良いですよね🍀

家づくりコラム⑤有機質な家と無機質な家、どちらに住みたいですか?

ホーム / ブログ / 家づくりコラム⑤有機質な家と無機質な家、どちらに住みたいですか?

石油工業品でできた新建材(無機質)を使用している家は、換気扇を24時間回してホルムアルデヒドの放射量が0.08ppm(国の基準値)。見た目も肌触りも冷たく、スリッパなしでは歩けません。

一方、本物の自然素材(有機質)を使用している家は、換気扇を回さず密閉されても、ホルムアルデヒドの放射量が0.015ppmと基準値の1/5。見た目も肌触りも暖かく、1年中素足で過ごせる暖かさです。

また、有機質の環境で育つ子、無機質の環境で育つ子では、
健康はもちろん、人格形成や感性に大きな違いが出てくるそうです。

大切な家族が日々健康で快適に、そして感性豊かに暮らせる家は間違いなく「有機質」な家だと思います。

これから家づくりを考えている方には、有機質の「本物の自然素材の家」を自信を持っておすすめします!

お問合せはこちら✉

家づくりコラム④人にとって快適な住環境とは?

ホーム / ブログ / 家づくりコラム④人にとって快適な住環境とは?

🍀室内の温熱環境が重要

住まいの快適性を左右する重要な要素は、室内の温熱環境です。夏は涼しく、冬は暖かく、そしていつもクリーンな空気を保つようにします。特に冬場は、部屋間の温度差、上下の温度差をなくし、身体への負担を少なくすることが大切です。

浴室やトイレ等の極端な寒さは、お年寄りには特に危険。暖かい部屋から寒い部屋への急激な温度変化で、ヒートショックや、脳卒中、狭心症などを引き起こすケースもあります。

🍀住まいの中の温度差をなくすこと

このように、住まう人の健康を守るためには、住空間全体を快適な温度に、ほぼ一定に保つのが理想的であると言えます。
また、住まいの中の温度差を無くすことで、間仕切りのない広々とした部屋や吹き抜け等、夢の大空間が実現できることも大きな魅力です♪

🍀快適性を評価する指標とは?断熱性、遮熱性とは?

住宅の快適性を評価する指標として、断熱性があります。最近では遮熱性という言葉も耳にすることがあるのではないでしょうか?それらについての工法や材料の知識を得ておくことは住宅の快適性を判断するためのポイントとなります。
そもそも断熱材とはなんでしょうか?断熱材は、中に小さな無数の空気室を作って、室外と室内との伝導による熱の移動を遅らせ熱が逃げるのを防いでいます。遮熱材は、太陽からの輻射熱を反射させ、熱の移動を防いでいます。


温暖化が進行している今、『断熱対策』だけでなく、夏の『遮熱対策』も考えた住まいづくりが重要です。


本格的な夏が来る前に、 そしてコロナウィルス対策に、お家の「快適性」について見直してみませんか?

お問合せはこちら✉